naatan‘s blog

HSPの私が推しバンを宣伝しています。

お腹で支えるトレーニング

ども~なーたんです✋

 

前回の記事で、お腹で支えるための

レーニングをしているということを書きました👇

www.nanayy.xyz

 

今回はその、トレーニング方法をご紹介します(^^♪

 

 

 

そのトレーニング法というのは、腹式呼吸です!

 

というのも、実は中学時代は3年間吹奏楽部でした。

その時にやっていたことをお教えします♪

 

 

 【パターン1】

①腰に手を当てる

(↑親指お腹側で残りの4本指は後ろ)

②鼻から8秒間息を吸う

(↑空気を背中に入れるイメージ)

③4秒間止める

④「スー」と8秒間かけて吐ききる

(↑歯と歯の間から空気が漏れる感じ)

 

これを5セットやります!

 

まだありますよ~( ´∀` )

先ほどよりもちょっと大変です😅

体勢や呼吸のやり方はそのままですよ。

 

 

 

【パターン2】

①鼻から4秒間息を吸う

(吸いきる!)

②4秒止める

③「スー」と8秒かけて吐ききる

 

これも5セット!

これは、吸う時間が少なく、吐く時間が長いんです。

なので、4秒の間にあまり吸わないと、吐くときの8秒間が後半になるにつれて辛くなります。

(吸いきる!)と書いたのはそういうことです。

これは、腹式呼吸と同時にロングトーンも鍛えられます!

 

ロングトーンというのは、音を伸ばしてる時のことを言います。

 

 

 

まだあります!

次でラストです👏

 

 

 

【パターン3】

①鼻から8秒間息を吸う

②4秒間止める

③「スー」と4秒かけて吐ききる

 

 【パターン2】とは逆です。

先ほどのは、吐ききることに対してどのくらい吸えるか?でしたが、

パターン3は逆で、吸ったことに対してどのくらいの速さで吐ききれるか?を考える必要があるのです。

 

 

 

パターン3が1番キツイ気がします(-_-;)

顧問の先生いわく、酸欠で体調崩す子が結構いたそうです。

特に、慣れていない1年生。

私も初めてやったころは、若干クラっとすることがありました。

 

 

もし、このトレーニングをする方は、まずはパターン1をやりましょう!

パターン1を5セットを1日1回から始めて、慣れてきたらパターン2…とレベルを上げていきましょう!

 

 

以上がお腹で支えるためのトレーニングです!

真似してみてね~👋