naatan‘s blog

HSPの私が推しバンを宣伝しています。

なんか合わない人…っていう人とは無理に関わらなくていい!

ども!なーたんです✋

 

 

突然ですが!

人間関係において、「この人とは合わないわ…」って思う時ありません?

でも、“仲良くしないと悪い印象を与えてしまう…”

“こんなことで避けてしまったらこの先やっていけない…”

みたいな気持ちが邪魔をして、無理をしてしまっている人いると思います。

 

私もそうでした。

 

集団行動が多い学生の頃や、

社会人とほぼ同じ環境のバイト先とか特に。

 

でも!

 

無理して関わる必要ないですよ!

 

 

というのは、私の実際に体験したことから学びました。

ここで私の実体験の話をどうぞ_(._.)_

 ================

 

私の同級生で、幼稚園から中学まで同じ学校だった子(以下Aちゃん)がいるんです。

Aちゃんがバンギャなんですね。

バンギャV系やロックバンドファンの人のこと。男性の場合はギャ男と呼ぶ。)

Aちゃんとは、違う高校というのもあって、会わなかったし、連絡もしなかったし、若干疎遠になっていたんです。

 

でも、学生生活を終えるとそれぞれの道に行きますよね?

私とAちゃんは就職だったんです。

ある日に、仕事終わりに電車の中でインスタを見てたら、Aちゃんのアカウントを見つけたんです。

“久しぶりだな~”とか思いながらフォロー。

 

数週間後、ライブ終わりの最寄りの駅でAちゃんと遭遇。

お互いバンギャということで、「今度ご飯行こう~」とか話して。

何日か経って遊びに行ったんです。カラオケとか行って。

 

その日を境に連絡を取る回数も増えたんですけど。

 

じわじわと、私の推してるバンドを否定してくるんです。

 

ここからはLINEやインスタのDMのやり取りを一部紹介します。

『』←が私で、「」←がAちゃんです。

___________________

『○○ってバンド最近ハマってるんだよね~』

センスなっ!(笑)(=センスが無い)

 

グサッ…。

ダメージ喰らいました。

 ___________________

そして、カラオケ行った時の話の流れから。

「なーたん古臭くて好きだよ(笑)」

 

 

…あ?(イラッ)

確かにアーティストの年齢的に親世代だけど、

別によくね?(ブチギレ寸前)

あぁぁいかんいかん。落ち着け落ち着け。(深呼吸)

 ___________________

恋バナに。

Aちゃんには彼氏がいて、彼氏さんもバンド好き。(特にT.M)

 

「どんな恋愛がしたい?」

『趣味が合う人』

「ギャ男はやめとけ」

「ギャ男紹介しようか?」

『バンドによる』

「あなたに合わせたらおっさんしかいない(笑)」 

 

……シバき倒したろか。

 

 

「年上派?」

『年は近いほうがいいかな?』

 

すると突然、年上も年下も同い年も否定してきました。

 

『え?A、彼氏いるんでしょ?』

「△△(彼氏)がいい」

 

どうやらAちゃんの理想の恋は、共依存

お互い束縛をしていて、なるべく他の人とは関わってない模様。

 

あっ…そういうタイプね…。

 

いや、愛の形は人それぞれだ、うん。

 

 

ところが!

思わぬ角度からイラッとさせることが起きます。

_________________

ある日来たインスタのDM。

 

「いつ暇?」

『来月?』

「いつでもいい」

『平日の夜だったら毎日空いてる』

「夜は家にいたい」「土日の夜は?」

『土日は彼氏に会うから無理』

「平日の昼か」

『LINEするわ』

 

LINEに移動。

「勝手に返信されたのでこっちきた」

 

 

…おい。誰か鈍器持ってこい。

_________________

はい。

『土日は彼氏に会うから無理』という部分。

これ、Aちゃんの彼氏が返信していたのです。

この後も何度か被害にあいました。

マジで恐怖。

そっちは付き合ってるからいいけど、こっちは他人から返信来てるようなもんだから!って感じ。

 

そして、“この人とは合わない”と思った瞬間は、推しをディスられたこと。

 

誰とは言いませんが、

『あの人細くね?』

『骨と皮』だの言ってきました。

 

 

ぷっちーーーん!!

 

 

やってられっかーーーー!

 

 

私がバンギャになるきっかけをくれた。

バンギャになったおかげで性格も少し変わることが出来た。

ジャニーズしか聴いてこなかった私の世界観を変えてくれた。

その方のファンになったおかげで、いろんな素晴らしいロックミュージシャンを知ることが出来た。

アーティストとしても、1人の人間としてもリスペクト出来る大切な人。

そんな人を悪く言われるのは、冗談でも許せなかった。

なんでもかんでも否定してきて、知らん人といつの間にか入れ替わって返信が来る。

 

どんだけストレス溜まってると思ってんだーー!

 

 

と、いうことで。

 

 

LINEブロック♡

DMも無視♡

 

距離を置くことにしました。

 

すると、どうでしょう。

 

 

“あれ?意外と楽かも…?”

 

 

自然とというか、なぜか前向きになれるというか。

 

“この人にどれだけ私の推しバンの魅力を伝えても響かない。”

“否定されて傷つくぐらいなら、魅力を共有できる人と絡んでいよう”

 

と、開き直れるんです。

 

私と同世代でも90年代のバンドが好きな人はいるし、

上の世代でも今時のバンドが好きな人はいくらでもいる。

アパレル時代によくお客様で、

『これだとおばさんっぽく見えるかな~』とか、

『こんな若作りみたいなこと…ごめんなさいね…(笑)』

など、自信なさげに言う方が多かったんです。

 

そういうお客様によく言っていたのですが、

 

好きなものに年齢なんか関係ないです!

 

そして、嵐の櫻井翔さんも言っていました。

“外野の言葉はシカトする”

 

 

一緒にいて、話してて、自分が笑顔になる回数が多い人が自分と合ってる人なんです。

 

私は今のところ、本当に楽しくいれるリア友は4人です。

 

“会いたいな…”と思ったりしますが、切なくなったりはしません。

SNSを見れば、感情を共有出来る人はいますから!

友達が少ない=寂しい人 っていう考えは古い(偏見)。

 

なので、“ダメだ。この人とは合わねーわ”と思ったら、

距離を置きましょう!

 

 

人間関係は量より質!

 

 

長くなってしまいました😅

愚痴みたいになってしまってすみません💦

最後まで見てくださってありがとうございます!

 

では~👋