naatan‘s blog

HSPの私が推しバンを宣伝しています。

Rayflowerファンがアルバムごとに推し曲を紹介(【Flower Language】ver.)

ども!なーたんです✋

 

大変久しぶりでございますね…。

申し訳ございません!!

 

今回は、1stアルバム【Flower Language】からご紹介したいと思います♪

 =============

 =============

Runaway Brain

ドゥディンドゥディン♪というテクニカルなベースソロが印象的ですね!

ベースソロの後ろで流れるドラムがさらに迫力を増しています。

個人的な意見ですが、Rayflowerの曲で1番ロックかもしれない。

ライブでも、このベースソロが流れた瞬間『キターーーー!』って思うのは私だけではないはず…。

キーボードが入ってきたイントロやBメロで折りたたむのも、サビでタオルを回すのも楽しくて、CDを聴くたびにライブでの光景がよみがえってきますね。

 ちなみにドラム担当のSakuraさんいわく、「ライブでやらなかったことはない。すべてのライブでやってきた曲」と言っていました。

確かに!

Rayflowerのライブでは欠かせない曲です♡

 

Flower Language

Flower Language

Amazon

 

 

SOCIAL NETWORK GENERATION

この曲は、歌詞がリアルですね。

冒頭の『匿名希望で 何を叫んでも 響かない』とか、2番のサビにある『要らない文字までもが 目に留まるこの世界に』とか。

SNSのことを紐づける表現があって、とても現実的というか…。

このアルバムは2010年に発売されたのですが、10年以上経った今のことを言っているような気もします。

「予言してたん!?」っていうくらいあてはまっている感じがしてならない。

その歌詞を、それぞれのロックな音を鳴らす楽器陣やストレートな田澤さんの歌声によって、さらにダイレクトに伝わってくる感じがします。

この曲の楽器陣の演奏は、繊細な動きが多い印象強いです。

私はSNSをメチャクチャ使うので、ちょっとグサッと来るというか、ドキッとするというか…。

いろんな意味で、現代的な曲です!

 

最後に

アルバム【Flower Language】から推し曲を紹介しました!

このアルバムはミニアルバムなので、数曲しかないんです。

なので早く終わっちゃいましたね😅

実際にライブ行っても最初はフワフワしてて、「すごい…本物だ…」とか「Rayflowerがいる」っていう感じなんです。(伝わるかな?)

会場が暗くなるだけで、鳥肌立つし。

始まる前は「早く始まらないかな~」って思うんですけど、いざメンバーが登場して、イントロが流れると脳が状況に追いつかないんです(笑)

でも、“Runaway Brain”が流れると「Rayflowerのライブ来てる!」って感じるんですよね!

コロナ禍で今は現地に行くのは難しいですが、また彼らに会いたいです。

 

 

では~👋